20-68 苦労人のイケメン、トーリです。

推定8歳くらい

男の子

トーリくんです。

 

ノミダニ・お腹の虫駆虫済み

ワクチン接種済み

猫エイズ猫白血病マイナス

去勢手術済み 

 

今年の2月下旬、地域猫だったキジトラの子がケガをしていると通報がありました。

保護して病院で診ていただくと、あごの骨が真っ二つに折れていて、左前脚は動いていませんでした。

 

すぐに入院してあごの骨折の手術をしました。

無事にくっつきましたが、やはり少しずれてしまったようで、歯が少しずれてにっこり笑っているような表情になりました。

 

脚はすでに神経が切れているようで回復の見込みはありませんでした。

最初は動かない脚に苦労していたようですが、今では3本足で走ることもできます。

 

術後の検査の結果、腎臓の数値が悪くなり療養食を食べています。

サプリメントも始めました。

トーリはご飯が大好きで療養食でもなんでもよく食べてくれる子です。

 

性格は、もともとお外で暮らしていた子なので警戒心があり、さらにおそらく、事故にあったか、虐待を受けたのではないかと思われますので、ますます人がこわくなってしまったのかもしれません。

自分から寄ってきたりはしませんが、ご飯のときは勢いよく催促してきます。

近づくと、一応シャーと言いますが攻撃性はありません。

人前で寛ぐこともできるようになりました。

 

怖い目にあって、何ヶ月も治療をがんばってきたトーリです。

これからはお家の中で安心して穏やかに暮らしてほしいと思います。

 

トーリ君の脚のことや腎臓のことや怖がりな性格をご理解いただき、家族に迎えてくださる里親さんをお待ちしています。

 

いちばん最後の写真は、お外に居た頃のトーリくんです。

 

まずは武蔵野市の預かりさんの宅でお見合いしていただければと思います。

 

こちらのInstagramではトーリくんの様子を見ていただくことができます。

 

【里親さまにお願いしたいこと】

・十分な広さがあってペット飼育可のお宅であること

・具合が悪くなったら適切な医療にかけてくださること

・健康に良いフード(腎臓食)を食べさせてくださること

・完全室内飼育で脱走防止に尽力してくださること

・メールや電話、SNS等でのやり取りをスムーズにしていただけること

・たまにでいいのでご報告をくださること

 (トライアル中は頻繁にやり取りをお願いしたいです)

・何が起こっても一生愛してくださること

  (とはいえ緊急の場合は会までご相談ください)

・人間と同じようにこの子の気持ちになって考えてくださること

 

※里親希望の方は、お問い合わせの前に必ずこちらの「里親になるまでの手順」をご覧ください。

里親さまには「完全室内飼育・脱走防止策の徹底」「ご家族全員の同意」「適切な医療を受けさせる」「一生の家族として迎える」ことを条件とさせていただきます。

 

お問い合わせは 西村 までお願いします。

Mail  / musashinocat@gmail.com

Tel    / 070-6960-2828

※メールにてお住まいの地域、住居環境、ご家族構成、先住猫さんの有無、お留守番の有無などをお伝えいただきますと助かります。

 

20-68 2020.8/25更新