むさしの地域猫の会とは…

猫によるトラブルをなくし、人と猫が快適に共存できる素敵な街づくりを目標に、

市民と行政の協働で2006年9月に発足しました。

 

★飼い主のいない猫の不妊・去勢手術を行う市民の方々への手術費用の助成

★飼い主のいない猫がたくさんいる等問題地域のTNR(捕獲・手術・リターン)活動

★不妊・去勢手術を施した地域猫のお世話、餌場の清掃
★「餌は迷惑にならない場所で、必ず後始末を!」
飼い主のいない猫への餌やりマナーの普及・啓蒙

★飼い猫の適正飼育の啓蒙
★飼い主のいない猫の里親募集

などに取り組んでいます。

 

※地域猫活動とは、
猫も命あるものということをふまえ、地域の方、ボランティア、行政の三者連携のもと飼い主のいない猫を適正管理して、被害の減少をはかり、猫が好きな人も、猫で困っている人も、共に気持ちよく暮らせる町にすることをめざす活動です。

具体的には、
①地域のご理解のもとで、
②去勢・不妊手術を行い
③餌の管理、猫トイレの設置などで、猫による被害を減少させ
④厳しい環境にいるノラ猫は徐々に減少していく

 という活動です。

 

 

活動内容

★飼い主のいない猫の不妊・去勢手術費用の助成代行
飼い主のいない猫がこれ以上増えないように不妊・去勢手術をされる方へ、助成金をお支払いしています。

※武蔵野市在住の方に限ります。助成金の申請は、武蔵野市環境政策課(0422-60-1842)または当会までお問い合わせください。(musashinocat@gmail.com)

 

オス猫 1頭につき 5,000円

メス猫  1頭につき 10,000円

 

年間約130頭の不妊・去勢手術を行っています。

市の助成金で不足した分は、会費や寄付金でまかなっています。

 

飼い主のいない猫がたくさんいる等問題地域のTNR(捕獲・去勢不妊手術・リターン)活動

飼い主のいない猫が増えすぎてしまった場所は、地域の人たちだけでは解決できない場合もあります。

そういった場所については、会でTNRを行う事があります。ですが、基本的には地域の方々のご協力がないとできない活動です。

 

★不妊・去勢手術をした地域猫の管理
不妊・去勢手術を終え、地域猫となった猫たちは、子猫を産み増やさなくなり、発情期の鳴き声やオス猫のマーキングによる臭いなどが軽減されます。ケンカをしなくなり、感染症の蔓延も防ぐことができるので、猫たちも健康で暮らせます。

こうして地域のみなさまの協力のもと、一代限りの生を穏やかに過ごすことができるのです。

地域のみなさんの協力のもと、毎日の餌やりと餌場の清掃などを行い、人も猫も幸せに過ごすことができます。

 

★飼い主のいない猫への餌やりマナーの普及、啓発
飼い主のいない猫をかわいそうに思って餌をあげる方はたくさんいます。そうした人の中には、餌を他人の敷地内に放り投げていく人や、入っていた袋やビニール袋を片付けずに帰ってしまう人がいます。

その餌場はいつもゴミが散らかり、不衛生な状態になります。近隣の方は大変迷惑に思い、餌やりさんが悪い、猫が悪い、となってしまいます。

また、餌をあげるだけで不妊・去勢手術を行わなければ、猫はどんどん増えていきます。そしていつの間にか、猫だらけになってしまいます。

そうした餌やりさんへ、

1)不妊・去勢手術 2)きちんとした餌やり 3)ふん尿対策 4)周辺の清掃

などをするように呼びかけることで、地域猫として住民の方に認められることを普及していきます。

 

★飼い猫の適正飼育の普及
【猫を飼っている方へ】

●飼い猫を事故や病気から守り、失踪を防ぐために、屋内飼育をしてください。

●迷子になったときのために、マイクロチップやネームプレートなどの身元表示をお願いします。

●一度飼った猫をどんな事情があっても捨てることは、犯罪行為です。愛情をもって、終生飼育をしてください。

●子猫が産まれても飼えない場合には、不必要な繁殖を防ぐためにも不妊・去勢手術をしてください。

 猫にとっても、手術をすることによって、さかりや出産のストレスがなくなり、防げる病気もたくさんあります。

 

飼い主のいない猫の譲渡会の開催 

1月に一度のペースで、飼い主のいない猫の譲渡会を開催しています。

ホームページでも、譲渡会に出られない猫たちの里親募集を随時行っています。

 


会員数

320名(2015年2月現在)


会則

ダウンロード
会則
会則201505.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 110.2 KB